VAGABONDBLOG

hobby&lifestyle

IT・サービス

Amazon Payが東京や福岡の実店舗で使える!?使い方や安全性を検証

更新日:

Amazon Payが実店舗で利用可能

アマゾンジャパンが、実店舗でのキャッシュレス決済サービスに参入することが8月29日に分かりました。

日本ではあまり馴染みのない同サービスですが、中国では今や当たり前になっているようで財布を持たずにスマホだけで遊びに行くそう。

一応、日本にも以前からあるんですが、セキュリティ上の不安や使い方がイマイチ分からない、導入している店舗が少ないということで、何かと敬遠されがちでした。

しかし、ここにきて天下のAmazonが実店舗でのキャッシュレス決済サービスに参入するということで、一気に日本中に広がりそうな予感!

というわけで、Amazon Payの使い方や安全性、使える場所を調べてきたので紹介します。

 

Amazon Payの使い方

Amazon Payの使い方
大まかな仕組みを説明すると、Amazonが提供するAmazonショッピングアプリを取得し、ユーザーがアプリ画面上に表示したQRコードを店舗側が専用のタブレット端末で読み取ることで支払いが完了するというもの。

使い方の手順は・・・

  1. Amazonショッピングアプリの画面左上のメニューから「すべてを見る」をタップし、「Amazon Pay」を選択するとQRコードが表示される
  2. 会計時、このQRコードを店舗側がタブレット端末で読み取る
  3. Amazonアカウントに登録したクレジットカードで支払われる
  4. ユーザーにはメールで支払い完了の通知が届く(Amazon Payのサイトでも確認可能)

こういった流れになります。

 

Amazon Payの安全性

Amazon Payを利用するうえで「セキュリティなどの安全性が心配だ」という方も少なくないと思います。

そこで、安全性についてAmazonが行っている仕組みが2つあるので紹介します。

 

1.QRコードの更新

実店舗でのキャッシュレス決済サービスの場合、一番気になるのがQRコードを撮られて不正利用されないかではないでしょうか?

確かに、不正利用され買っていないものの金額まで請求されたら最悪ですもんね。

この問題を解決するべく、AmazonはQRコードを30秒ごとに更新するというシステムを導入しています。

これにより、100%大丈夫!という訳ではありませんが、かなりの確率で不正利用を抑制できるはずです。

 

Amazonマーケットプレイス保証

これは普段からAmazonを利用している方なら知っていると思いますが、万が一、詐欺などにあったり場合に保証してもらえるプログラムのことです。

以前、私も一度お世話になったことのあるプログラムで、返金はもちろんその他の手続きなどすべてAmazonが行ってくれます。

しかも、すごく親切でした。

 

Amazon Payが実店舗で使える場所はどこ?

8月29日に始まったサービスの為、まだ使える場所が少ないのが現状で、今現在(8月30日)使える場所は、福岡市、東京都新宿区などにある数十店舗ということです。

まだまだこれから普及していくと思うので、情報が入り次第、当サイトでも追記していこうと思います。

 

まとめ

以上がAmazon Payの使い方や安全性、使える場所の紹介でした。

このサービスが当たり前になってスマホ一台で遊んだり旅行に行けたりする日が来たら良いですよね♪

では!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです

-IT・サービス
-

Copyright© VAGABONDBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.