筋トレ器具

【目的別】懸垂バーTOP3 | 筋トレのプロが本気でおすすめを選んでみた

投稿日:

【目的別】懸垂バーTOP3 | 筋トレのプロが本気でおすすめを選んでみた

「家で本格的に背中を鍛えたい」

そういうあなたにおすすめなのが、懸垂バー(別名:チンニングバー、チンニングスタンド)です

ただ懸垂バーといっても色々な種類があって、どれを選べば良いか分からない方も多いはず

そこでこのページでは、筋トレのプロが目的別におすすめする懸垂バーTOP3を紹介します

この記事を書いている人

hiro
筋トレ歴5年のパーソナルトレーナー兼バガブロ運営者

 

【目的別】懸垂バーおすすめランキングTOP3

ランキングTOP3

  1. チン&ディップスジム
  2. ぶら下がり健康器
  3. ドアジム

 

1位:チン&ディップスジム

耐荷重:約100kg

よくジムにも置いてあるチン&ディップスジム

  • チンニング(懸垂)
  • ディップス(胸・上腕三頭筋)
  • レッグレイズ(腹筋)
  • プッシュアップ(胸)

など、上半身を満遍なく鍛えることのできます

懸垂バー選びで迷われている方は、これを選んでおけば間違いありませんよ

▼チン&ディップスジムは公式サイトが一番安かったです

チン&ディップスジムの公式サイトをみる

 

2位:ぶら下がり健康器

耐荷重:約100kg

Amazon最も売れている懸垂バーであるYouTen(ユーテン)のぶら下がり健康器

見た目はにシンプルですが、作りは非常にしっかりしているので、体重100kgまでの方なら問題なく利用できます

ダイエットや健康維持したい方、筋トレ初心者さんにおすすめです

 

3位:ドアジム

耐荷重:約100kg

2000円前後で懸垂を自宅ですることのできるドアジム

場所を取らないというメリットはありますが、賃貸の方は取り付けが難しいというデメリットも・・・

安定性にも欠けるので、個人的には最低限、ぶら下がり健康器を使うことをおすすめします

 

懸垂バーのまとめ

こんな方におすすめ

特に1位で紹介したチン&ディップスジムは、上半身すべてを1つで鍛えられるというコスパ最高の懸垂バーです

迷っていても筋肉は成長しないので、サクッと買ってガッツリ鍛えていきましょう!

公式サイトチン&ディップスジムの詳細をみる

-筋トレ器具
-, ,

Copyright© バガブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.