種目

【ダンベルベンチプレス】胸の王道トレーニングを筋トレのプロが徹底解説【動画あり】

更新日:

【ダンベルベンチプレス】胸の王道トレーニングを筋トレのプロが解説

大胸筋の筋トレといえば、まず出てくるのがベンチプレスですよね

ただバーベルでやるよりも、ダンベルの方が可動域が広く、より効かせることができるんです

そこでこのページでは、筋トレのプロがダンベルベンチプレスを徹底解説していきます

最後の方には、ダンベルの紹介もしていますので、ぜひ最後までご覧ください

ダンベルだけで鍛える胸の筋トレ
【胸トレ】プロが選ぶダンベルだけで鍛えるおすすめメニュー5選!

 

ダンベルベンチプレスのやり方【動画あり】

ダンベルベンチプレスの手順を簡単に文章で説明すると・・・

  1. ダンベルを両手に持ってフラットベンチに仰向けに寝る
  2. 自分の胸の位置までダンベルを降ろす(肘を曲げる)
  3. 肘を伸ばし切らない程度にダンベルを持ち上げる(肘を伸ばす)

こんな感じですね

ただ動画の方が圧倒的に分かりやすいので、ぜひkatochan33さんの解説動画を観てみてください

参考になること間違いなしですよ!

 

ダンベルベンチプレスの3つの注意点

1.コントロールできない重さは扱わない

これはダンベルベンチプレスに限った話ではないですが、自分がコントロールできない重量を扱ってしまうと、可動域を狭めたり、他の部位に効いたりしてしまいます

ダンベルベンチプレスの例でいうと、上腕三頭筋や肩ですね

こうなってしまうと、本来鍛えたい胸への刺激が弱まるので、しっかりと自分の扱える重量を調べながらトレーニングしてみてください

 

2.肘を伸ばし過ぎない

ダンベルを上げるときに肘を伸ばし切ると、胸への刺激が抜けたり、肘へのダメージも大きいです

そのため肘を伸ばし切らないように注意しましょう

 

3.腕を肩の方に上げすぎない

ダンベルの上げ下げのときに、肩の方に腕を上げすぎると、かなり高い確率で肩を痛めます

なので、最初のスタートポジションの段階で、胸の中央にダンベルを置くことを意識してみてください

 

ダンベルベンチプレスのおすすめのセット数&レップ数

レップ数&セット数

レップ数:10回~15回

セット数:3セット

筋肥大を狙うなら、上のようなレップ数が最適です

ちなみに私もこんな感じで組んでますよ~

 

おすすめのダンベル&ベンチ台を紹介

ダンベルベンチプレスに必要不可欠なものがダンベルとベンチ台です

▼この記事では、おすすめのダンベルを5つ紹介しているので、ダンベル選びで迷っているあなたはぜひ!

【可変式ダンベル】筋トレのプロがおすすめする人気ランキングTOP5
【可変式ダンベル】筋トレのプロがおすすめする人気ランキング10選

 

この記事では、おすすめのベンチ台を5つ紹介しているので、ベンチ台選びで迷っているあなたはぜひ!

【目的別】プロが選ぶ!筋トレベンチ台 | おすすめランキング5選
【目的別】プロが選ぶ!筋トレベンチ台 | おすすめランキング5選

 

まとめ

以上が、ダンベルベンチプレスの紹介でした

怪我には注意しながらガンガン鍛えて胸をデカくしていきましょう

 

人気記事【筋トレのプロが厳選】ダンベルだけで全身を鍛えるオススメ30種目

人気記事【本当は教えたくない】マジで筋肉がデカくなる筋トレサプリ5選

-種目
-, ,

Copyright© バガブロ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.