種目

【ダンベルジャンピングスクワット】瞬発力を鍛えられるトレーニングを筋トレのプロが徹底解説【動画あり】

更新日:

【ダンベルジャンプスクワット】瞬発力を鍛えることのできるトレーニングを筋トレのプロが徹底解説【動画あり】

瞬発力を鍛えることのできるダンベルジャンピングスクワット

この記事では、筋トレのプロがダンベルジャンピングスクワットのやり方や注意点を徹底解説していきます

最後の方には、ダンベルの紹介もしていますので、ぜひ最後までご覧ください

ダンベルだけで鍛える脚トレ
【脚トレ】プロが選ぶダンベルだけで鍛えるおすすめメニュー5選!

 

ダンベルジャンピングスクワットのやり方【動画あり】

ダンベルジャンピングスクワットの手順を簡単に文章で説明すると・・・

  1. 両手でダンベルを持つ
  2. 肩幅に脚を開く
  3. スクワットで上がるタイミングでジャンプする

こんな感じですね

ただ動画の方が圧倒的に分かりやすいので、ぜひ山本義徳先生の解説動画を観てみてください

イメージとしては、この動画のフォームを固めてダンベルを持つだけです

 

ダンベルジャンピングスクワットの3つの注意点

1.深くまで屈まない

ジャンプの衝撃で腰や膝に負担がかかるので、深く屈まないように注意しましょう

 

2.筋肥大に固執しない

ジャンピングスクワットは、筋肥大よりも瞬発力を鍛えることに適している種目なので、筋肥大目的の方はダンベルスクワットがおすすめです

【ダンベルスクワット】脚を鍛える王道トレーニングを筋トレのプロが徹底解説【動画あり】
【ダンベルスクワット】脚を鍛える王道トレーニングを筋トレのプロが徹底解説【動画あり】

続きを見る

 

3.握力が続かないならパワーグリップを使う

慣れてきて高重量のダンベルを持つと、握力が先にやられてしまいます

そんなときはパワーグリップを使ってみてください

▼おすすめのパワーグリップはこちら 

 

ダンベルジャンピングスクワットのおすすめセット数・レップ数

レップ数&セット数

レップ数:20回

セット数:3セット

筋肥大を狙うなら、上のようなレップ数が最適です

ダンベルはそこまで高重量を用意できないと思うので、レップ数で補いましょう

 

おすすめのダンベルを紹介

ダンベルジャンピングスクワットに必要なものがダンベルです

▼この記事では、おすすめのダンベルを5つ紹介しているので、ダンベル選びで迷っているあなたはぜひ!

【可変式ダンベル】筋トレのプロがおすすめする人気ランキングTOP5
【可変式ダンベル】筋トレのプロがおすすめする人気ランキングTOP5

 

まとめ

以上が、ダンベルジャンピングプスクワットの紹介でした

瞬発力を鍛えることができるので、スポーツや格闘技してる方はぜひ取り入れてみてくださいね

 

人気記事【筋トレのプロが厳選】ダンベルだけで全身を鍛えるオススメ30種目

人気記事【本当は教えたくない】マジで筋肉がデカくなる筋トレサプリ5選

-種目
-, , ,

Copyright© VAGABONDBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.