時計

人気爆発で入手困難!?G-SHOCK GA2100のレビュー

2022年3月10日

2019年8月8日に発売されたG-SHOCK GA2100シリーズ。

販売当初は、あまりの人気から売り切れが続出し、入手困難な状況に陥りました。

現在は以前より品薄状態が少しは解消しましたが、一番人気のG-SHOCK GA2100-1A1JFのオールブラックに関しては、定価で買うことはほとんどできません。

今回は売れに売れている人気商品「G-SHOCK GA2100」について見ていきましょう。

 

G-SHOCK GA2100のレビュー

(画像引用:G-SHOCK ホームページ)

ケースサイズ

縦:48.5mm

横:45.4mm

厚さ:11.8mm

重さ

51g

ケース/ベゼル材質

カーボン/樹脂

バンド

樹脂バンド

防水性

20気圧防水

 

G-SHOCK GA2100について

若者層をターゲットにして作られたG-SHOCK GA2100。

初代のDW5000から八角形ベゼルをモチーフとしました。

さらに薄く小さく立体感が出るG-SHOCKを作ることが大きな課題でした。

そして2年弱の開発期間を経て、G-SHOCK GA2100シリーズが誕生しました。

八角形ベゼルであることからAudemars Piguet (オーデマピゲ)のロイヤルオークに似ていて、ファンの間では「カシオーク」などと呼ばれています。

色の種類は、10種類近くあります。

 

G-SHOCK GA2100 腕時計本体の感想

まず今回のG-SHOCK GA2100をつけてみてG-SHOCKにしては、小ぶりなサイズだと思いました。

G-SHOCKと言えば、大きめで少しゴツゴツしたイメージがありましたがG-SHOCK GA2100は小ぶりでスマートな印象です。

文字盤はマットなブラックで、月日・曜日を表示します。

時計全体もマットなブラックなので大人っぽく、お洒落で良い意味でG-SHOCKぽさをあまり感じませんでした。

文字盤の曜日を示すところは、デジタルではなくアナログなのでそこが気に入ってます。

バンドについては、手首が細い私でも一番小さい方の穴から5番目にいつも着けているので、手首が細い方でも全然問題なくつけていただけると思います。

今回G-SHOCK GA2100のケースサイズが小さめのため、手首が細い私でも腕時計だけが浮くような感じはなく、ちょうど良いサイズです。

重量も51gと軽く、ずっと腕にしていても全く疲れません。

 

G-SHOCK GA2100のレビュー・口コミ

今回夏季期間の通勤用として購入いたしました。

G-SHOCKの購入自体初めてですが、オールブラックのカラーリングや、袖口で邪魔にならない薄さ、大きさ、スイッチの小ささ、控えめなベゼルなどが購入のきっかけでした。

デザインが秀逸で、本当にかっこ良いモデルだと思います。

もっとビジネスシーンで使用できるアナログタイプのモデルが多いと、価格的にも日替わりで使用することが可能になると思います。

(引用:Amazon)

 

毎日ガシガシ使えて、カッコいい

レザーやラバーのベルトの機械式時計は、夏はどうしても汗が気になる。

半袖のシャツやTシャツ、オンオフどちらでも合うし、ジムとかにも付けて行けるのが良い。

(引用:Amazon)

 

彼氏のクリスマスプレゼントに買いました!

ギリギリに注文したにも関わらす、迅速な対応をいただき、希望日に手元に届きました!!

とっても気に入ってくれたのでよかったです(^o^)

(引用:Amazon)

 

まとめ

今回はG-SHOCK GA2100について見てきました。

私は今まで見てきたG-SHOCKの中で1、2を争うくらいこの時計が気に入っています。

特にオールブラックが気に入っています。

G-SHOCKではあまり見ない8角形ベゼルでお洒落かつ高級感があります。

ぜひ、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに宮迫博之さんも愛用されていますよ。

-時計
-