筋トレコラム

脚を鍛えないと上半身の筋肉が大きくならないなんて嘘!その理由を解説

投稿日:

脚を鍛えないと上半身の筋肉が 大きくならないなんて嘘! その理由を解説 (2)

筋トレブログを運営したり、パーソナルトレーナーをやっていると、

筋トレ初心者さん
脚を鍛えないと上半身の筋肉が大きくならないって本当ですか?

という質問をよくいただきます

そこでこの記事では、脚の筋トレと上半身の筋肥大に関係があるのか解説していきます

この記事を書いている人

hiro
筋トレ歴5年のパーソナルトレーナー兼VAGABONDBLOG運営者

 

脚を鍛えなくても上半身の筋肉は大きくなる

結論から言ってしまうと、脚(下半身)の筋トレをしなくても、上半身の筋肉は大きくなります

では、なぜそう言い切れるのか?

今から3つの具体例をあげていきます

 

①車いすの方でも上半身が筋肥大している

車いすの方でも上半身が筋肥大している

(画像引用:毎日新聞

この方は車いすボディビルダーとして活躍されている大塚さんです

見てのとおり、胸や腕、肩が発達しているのが分かりますよね

それに、よくよく冷静に考えてみると

  • 胸・・・チェストプレス・バタフライマシン
  • 背中・・・ラットプルダウン・シーテッドローイング
  • 肩・・・ショルダープレス・サイドレイズ
  • 腕・・・インクラインダンベルカール・フレンチプレス

など、脚を使わなくてもできる種目が多いことにも気づきます

他にも車いすバスケットボールの選手もマッチョが多いですよね

 

②アームレスラー

アームレスラー 近藤

(画像引用:近藤忠選手

アームレスラー、いわゆる腕相撲の選手です

彼らの場合、踏ん張る力はいるので最低限の脚の力は必要ですが、体重制限があるため脚のトレーニングをしてない方が多いです

それでも上半身はデカくなってますね

 

③体操選手

体操選手 筋肉

(画像引用:NAVERまとめ

体操選手は、筋肥大のためにトレーニングしているわけではないですが、上半身の体つきは下手なフィジーカーよりかっこいいです

じゃあ脚はどうなのか?

あまり見る機会はないですが、加重してスクワットしてるとは思えませんよね

体操という競技上、体重は軽い方が良いので

 

筋トレ全体における脚トレのメリット

脚トレのメリット

今まで紹介してきた例を見てもらえれば分かると思いますが、脚を鍛えなくても上半身は確実に発達すると言い切れます!

ただし、脚トレには筋トレ全体におけるメリットが2つあるんです

それを今から見ていきましょう

 

1.テストステロン値が上がる

脚の筋肉は全身の筋肉の6割以上を占めているので、他の部位に比べてテストステロン値が大幅に上がります

▼ テストステロン値が上がるほど、筋肥大に効果的であるという研究結果

  • 腕トレだけするグループ
  • 腕トレの前にスクワットをするグループ

この2つに分けて11週間トレーニングをさせました

そして11週間後に2つのグループを比べると、腕トレの前にスクワットをするグループの方が、筋力・筋肥大ともに成長していたんです

この研究結果から、筋肥大を効率的に行いたいなら、脚トレも取り入れた方が良いということが分かります

 

2.代謝が上がるので、ダイエットしやすい

先ほども書きましたが、脚の筋肉は全身の筋肉の6割以上を占めているので、脚に筋肉がつけばつくほど代謝が上がります

それに脚の筋肉は体積が大きいため、消費カロリーも多く、腹筋や体幹など、他の部位にも効くのでダイエットには最適です

 

3.忍耐力が身につく

脚の筋トレは他の部位と比べて、圧倒的にきついです笑(憂鬱になるレベル)

それでも脚の筋トレを続けることで、嫌なことから逃げない忍耐力が身につきます

この忍耐力というのは筋トレはもちろん、仕事など生きていくうえで大切なものなので、できるなら脚トレもやりましょう!

 

まとめ

以上が、脚の筋トレと上半身の筋肥大についての解説でした

脚を鍛えなくても上半身は発達しますが、脚トレには脚以外にもメリットがあるので、できることなら脚もしっかり鍛えていきましょう

では!

 

人気記事【筋トレのプロが厳選】ダンベルだけで全身を鍛えるオススメ30種目

人気記事【本当は教えたくない】マジで筋肉がデカくなる筋トレサプリ5選

-筋トレコラム
-, ,

Copyright© VAGABONDBLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.