VAGABONDBLOG

hobby&lifestyle

アスリート

大谷翔平選手の肉体改造で行った筋トレとは!?

更新日:

現代の二刀流・大谷翔平選手。

日本人なら誰もが知っている天才野球選手ですよね。

最近はメジャーでの活躍も話題になっています。

ご存じだとは思いますが、ここで簡単に日本での成績を紹介します。

【5年間での成績】

ピッチャー 通算42勝 防御率2.52

バッター 安打数 296 本塁打 48 打率 .286

片方だけでもすごい成績なのに、両方でこの成績はやっぱりハンパない才能ですよね。

本当にすごすぎる!

そして、そして、

この才能自体もすごいですが、彼が高校生の頃にマンダラチャートを参考にして作った、目標達成シートがビジネスや人生設計にも使えそうで、若いころからの意識の高さも成功の1つだろうなぁと思いました。

目標達成シートについては、今度紹介しますね。

で、ここでやっとこのブログらしく、彼の筋肉を見ていきたいと思います。(←遅すぎる笑)

早速ですが、ある時から彼は肉体改造してすごい体になりましたよね。

かなりマジなウエイトトレーニングを行って、だいぶ増量したみたいです。

というわけで、無理やりですが大谷翔平選手の筋トレを紹介していきます。

 

大谷翔平選手の身長・体重・BMI


thepage.jp

身長:193cm
体重:97kg
BMI:26.04

まず、身長といい体重といい日本人離れしてますよね。

日本球界にいたのがズルいぐらいの体格(笑)

身長によって体重も異なるので、
彼のような体になりたい場合はBMIを参考にしてみてください。

 

筋トレへの考え方と筋トレメニュー

彼の筋トレへの考え方は、「必要な筋肉をつける」です。

これは、ピッチャーとしてもバッターとしても必要な筋肉をつけるということだと思います。

僕は野球をあんまりやったことがないので、詳しくは分かりませんが、フォームなどを見ると別の筋肉が必要な気がするのでかなり難しそうですよね。

そこで彼はウエイトトレーニングを行い、自分に足りない筋肉を補っています。

アスリートがウエイトを行うことに関しては賛否両論あるとは思いますが、僕はウエイトは絶対やった方が良いと思います。

自重筋トレ主義みたいな人もいますが、効率は悪いしピンポイントに狙った筋肉は鍛えられないし、自重にこだわる理由が分からないです(笑)

少し話が逸れたので、元に戻して彼の筋トレメニューを見ていきたいと思います。

 

筋トレメニュー

筋トレメニューを見ていくとは言ったものの、メニューは正式に公表されていないので、ザバスのCM動画やダルビッシュ有投手との動画から分かる範囲で紹介します。

・ベンチプレス
・インクラインダンベルベンチプレス
・デッドリフト
・ケーブルプレスダウン
・ブルガリアンスクワット
・フェイスプル
・ディップス
・ワンアームダンベルロウ
・チンニング
・サーキットトレーニング

 

筋トレの特徴


instagrammernews.com

王道的なウエイトトレーニング

野球選手ならではのメニューが多いのかなぁと思っていましたが、どれも定番のメニューですね。

ボディメイクでもスポーツでも、やっぱり定番のメニューが強いなぁと感じました。

 

肩のメニューがない

以前、ダルビッシュ有投手が「ピッチャーをやるうえで肩を鍛えすぎると腕が上がらなくなる」と言っていたので、大谷選手も同じような考え方でやっていないんだと思います。

肩の怪我も致命的ですしね。

 

大谷翔平の筋肉のここがスゴい!

彼はボディメイクのために筋トレをやっているわけではないので、この部位がスゴい!とかはないですが、全身のバランスが良く自然な体つきでかっこいいと思います。

そして、何よりスゴいと思うのが、短期間で体をデカくしたことです。

筋トレもですが、食事はかなり頑張ったようで1日に7回も食べていたようです。

ボディビルダー並み(笑)

プロテインパウダーなどのサプリも積極的に取り入れていたようで、意識の高さが伺えますね。

 

まとめ

以上が大谷翔平選手の筋トレの紹介でした。

もちろん才能もありますが、若いころからの意識の高さとハンパない努力で、今の彼があると思います。

少しでも彼に近づけるように頑張っていきましょう。

では!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです

-アスリート
-,

Copyright© VAGABONDBLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.